美容院で働くと

美容学校を卒業すると、美容室で働く、ヘアメイクの仕事をする、化粧品メーカーの美容部員として就職するなどの道が開けます。日本の美容技術のレベルは高く、1年おきに開かれている世界利用技術選手権大会、いわゆる世界大会でも日本は優勝の経験が多数あります。

美容院を開業するには比較的小資本で独立でき、高齢になっても仕事を続けられることも強みと言えるでしょう。

日本だけでなく、アメリカなどの海外で働く場合は、現地での経験が必要です。たとえば、アメリカであれば有名なのがヤマノビューティーカレッジです。ヤマノビューティーカレッジを出た日本人のなかには、アメリカの上流階級向けに美容院を経営する日本人もあります。その確かな技術を持って固定客を獲得している訳です。アメリカ人の美的センスは貪欲なところがあり、日本人のそれとはまた違うこだわりがあります。また、日本にはないチップの文化もあるため、チップを得ることでスタッフも収入が上がります。日本以上に個人に顧客がつくのが明白な世界なので、厳しい世界でもありますが、腕が良ければ固定客がどんどんつくことになるのです。

カラーをしている人が多いこともあり、カラーやパーマに頻繁に訪れる人がいるのもアメリカの上流階級の特徴です。美に対するこだわりが強く、美容院に来るのが富裕層であるため、1回にかける金額も高くなるのはいわずもがなでしょう。