美容室の選び方

美容学校は全国に約150校あると言われています。美容学校の担当の先生に自分はどんな美容師になりたいのかなど、具体像を相談しておくと良いでしょう。美容室、つまり、サロンによっても様々なものがあります。そのサロンの理念と自分の将来目指すものがあまりにも違う場合には、お互いに折り合いが悪く、早く辞めてもらうということも起こります。サロンの理念と自分の方向性が合っているところに就職するのが重要で、このずれをなくしていけるか否かが重要になって来ます。

そもそも、美容院で働く美容師になるには、免許が必要です。そのために、まずは美容学校を卒業して試験に合格する必要があります。なお、美容師になるには原則として高等学校を卒業する必要があります。

また、コールドパーマ液やヘアカラー液などヘアカラー液を使うため、精神病やてんかんの人は免許の取得資格がありません。また、美容師には毎年健康診断を受ける義務があります。

何よりも、髪の毛を通して人とコミュニケーションを取りながら、人を美しくするすることが好きだという気持ちがあれば、つらい修行期間も乗り越えることができるでしょう。練習や心がけ次第で技術は誰でも習得できるようになります。

雑誌やメディアの発達によって、美容に対する関心や知識は年々高まっていて、ヘアスタイルに対する要求も高まっています。そのことから、器用であること以上にお客様に合ったカウンセリングをしたり、会話ができるようになることが大事です。

美容業は接客業ですから、明るく健康的でかつ礼儀正しく清潔好きであることが大事です。

◎おすすめの美容室・・・・東松戸の美容室Kamikaze